<轉址Flash>

朧な記憶を抱える、この体の寒がりと交し合ってる、「そう、これでいいんだ。」
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『残月。』
2009-03-29 Sun 23:22


『残月。』

想起來了。
為何每次都會走到這裡。

快快通過吧,快快通過吧。

那扇門是為誰開啟,已被遺忘,
提燈微弱的光映照著的臉龐,也看不清了。
我已懷抱這箱子行經多少相異卻又相似的旅程?
這個軀體的空虛與滿足在下個瞬間終將化作相互矛盾的報應。
每次都將那些東西放進箱子裡,
放進多餘的東西所以太重了。
寂寞的時候箱子又更重了一些。

忘了得將這箱子裡的東西獻給誰,災禍才能獲得平息,
箱子裡累積的的東西不是我需要的東西。
『残月。』の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | [作品]詩‧小説‧随筆 | コメント:3 | トラックバック:0
『青焔。』
2009-03-13 Fri 08:44


『青焔。』

透過縫隙,
窺探了絕麗暈染著的藍色,
那裡,
火焰中央,最危險的位置。

猶如隱約綻放的慾望。

將脆弱的指針,
從時間永恆地拆下吧,
僅是感受體溫便無所畏懼。
用孱弱的喘息設下圈套,
用柔軟的手掌抹去意識,
在侵蝕的恍惚中什麼也不會憶起。
『青焔。』の続きを読む
別窓 | [作品]詩‧小説‧随筆 | コメント:7 | トラックバック:0
『獸道。』
2008-11-26 Wed 19:15


『獸道。』

將月光深深葬進幽暗的虛空,
漆湖面擺盪不止。
為何在微溫中戰慄不已?
已全然喪失有如謊言般的形狀。
意識自我,
歡欣並生的疼痛自這具身軀滿滿地滲透出來,
風化惡夢輪廓的冷風繞旋回音,也渴求暗彼端的鏽蝕。
與情感交疊的真實,
自由且崩潰著。
就像野獸般。

佇立荒原中央,揮舞這雙即將透明的手,
告訴你我在這裡。
『獸道。』の続きを読む
別窓 | [作品]詩‧小説‧随筆 | コメント:11 | トラックバック:0
『畫圖。』
2008-11-09 Sun 17:05


『畫圖。』

「不擅長描繪人物的我,
比起勉強下筆而不慎破壞了畫面,
還不如只畫一個人就好。」
然而,
愚蠢的我卻不小心打翻了顏料,
令那些美麗的色彩飛散開來。

還記得,
當時凝視畫布沾上的點點繽紛,
腦中想著,
「不如加個幾筆,
修改成理想中的美景?」
那些筆跡如今應已乾涸。
『畫圖。』の続きを読む
別窓 | [作品]詩‧小説‧随筆 | コメント:6 | トラックバック:0
『Chris's Crime』 NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。